歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周病(歯槽膿漏)の治療には、

  • 歯石を取ることが、治療の基本となります。
  • バイオフィルムを取ることも、とても重要です。
  • 歯のブラッシングが、とても大切です。

歯石を取ることが基本です!

歯周病(歯槽膿漏)の治療は、一にも二にも、歯についた歯石を除去することです。歯石というのは表面がザラザラしています。一方、自分の歯は表面がツルツルです。

どちらの方が、汚れがたくさんつくでしょうか?

当たり前ですが、歯石がついている方が、汚れ(細菌)がつきやすくなります。汚れがつきやすいと、歯周病(歯槽膿漏)が進行してしまいます。
一度発症し歯を支えている骨がなくなってしまうと、いくら歯周病(歯槽膿漏)の治療をしても元の状態に戻ることはありません。歯周病(歯槽膿漏)の治療は進行を食い止めることが全てです。

そのためには、この汚れをつきやすくさせる原因である歯石を取り除かなければならないのです。
簡単に歯石を取ってというけれど・・・。歯石にも二種類あります。歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石の二つです。

歯肉縁上歯石 : これは訓練されていない衛生士でも取れます。

歯肉縁下歯石 : これは訓練された衛生士でないと取れません。さかの歯科の衛生士は一定以上の技術を習得したものが行っています。

歯石除去の手順

  1. ステップ.1

    歯の表面に付着した歯石を取ります。(歯肉縁上歯石除去)歯の表面に着色(タバコのヤニなど)が付いている場合は、専用の研磨剤を用いて磨きます。

  2. ステップ.2

    歯周ポケットの中の歯石を取ります。(歯肉縁下歯石除去)この時、炎症を起こした歯肉も取り除きます。(痛みが出ることもあり、必要に応じて麻酔をすることもあります。)

  3. ステップ.3

    健康な歯肉(歯肉が引き締まって健康な状態に戻ります。)

PMTCとは

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロフェッショナルな専門家による、専門器具を使った歯とお口の中のクリーニングのことです。
つまり専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、バイオフィルムを完全に落とします。その際タバコのヤニや、コーヒー・紅茶等の茶しぶといった沈着物も併せて、クリーニングします。

PMTCの専門器具

さかの歯科では、PMTCの専門器具を2種類用意させていただいております。

プロフィーメイト

パウダーと水のスプレーを歯に当てる最新の器材です。歯の面のデコボコしたところも、きれいになります。また、やわらかいパウダーを使用しているため、歯の表面や歯肉などを傷つけません。

メルサージュプロ

クリーニングの場所に応じて使い分けながら、一本一本の歯をきれいにしていきます。先端の研磨するゴムは、とてもやわらかく痛みを感じることはありません。

PMTCの症例

PMTCの効果

  • 口腔内の衛生を保ち、虫歯や歯周病を予防します。
  • 口腔の汚れによる口臭がなくなります。
  • 歯面がつるつるになります。
  • 虫歯なりにくい歯質をつくります。
  • 光沢のある歯本来の美しさを保ちます。

バス法とは?

歯周病の予防には、歯肉をマッサージすることが大切です。
そのためには、歯と歯ぐきの境目に対して45度の角度でブラシを当てる「バス法」が効果的です。 「バス法」のマッサージ効果で、歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。

バス法で磨いてみましょう!

図のように、歯ブラシを歯に対して45度の角度で毛先を歯肉と歯の境目に向けてあてます。
歯ブラシの毛先は、軽く当てます。また、歯の裏側も同じようにあてます。

ポイント

歯ブラシのヘッドは、小さめの方が使いやすいでしょう。

ブラッシング方法

図のように歯ブラシを45度に保ったまま、小刻みに横に動かします。このとき力が入らないように小さい範囲で歯ブラシを動かします。最後に、かみ合わせ部分も併せて磨きましょう。

ポイント1

毛先が歯肉に強く当てて動かすと歯肉が傷ついたり、強く当てたまま歯磨剤(はみがき剤)を長年使用すると歯磨剤に研磨剤により歯が削れます。(くさび状欠損)

ポイント2

歯磨剤をつけるとすっきりして「磨けた気」になるので、歯磨剤を使用せず、ブラッシングをして、仕上げにフッ化物(フッ素)入りの歯磨剤を使うと良いでしょう。

ポイント3

バス法は、歯周病になりやすい部分の歯肉と歯の境目の歯垢(プラーク)除去に効果はありますが、歯と歯の間は、ブラッシングがうまくできませんので、他の方法や歯間ブラシなどの補助器具を利用すると良いでしょう。

つまようじ法とは?

歯周病の予防には、歯肉をマッサージすることが大切です。
そのためには、つまようじを使うように歯と歯の間をみがく「つまようじ法」が効果的です。 「つまようじ法」のマッサージ効果で、歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。

つまようじ法で磨いてみましょう!

歯ブラシの毛先を歯に対して上の歯は毛先を下に、下の歯は毛先を上に向けて、 歯と歯ぐきの境目に当てます。
(写真は下の歯を磨くところ)

そのまま、毛先で突っつくようにして、歯と歯の間に歯ブラシの毛先を入れます。 そのとき、歯と歯の間のすき間の大きさに合った毛の量が入っていきます。
(写真では歯の裏側まで毛が貫き通っています) このように、毛先を歯間に「入れて、出して」と1ヵ所につき10回程度繰り返します。 ブラッシングするときの力加減は、200グラム程度が最も歯ぐきのマッサージに 適しています。消しゴムで文字を消すときの力が約150グラムですので、それより ちょっと強めに磨いてみてください。

STEP1~2の要領で、歯の表側から、裏側から、すべての歯間を磨きます。 写真では前歯の裏側から毛を通していますが、歯の裏側は歯ブラシの先のほうを 使ったりと、毛の当て方を工夫してください。

奥歯はほぼ水平に毛先を入れていくイメージです。歯間があまり大きくない 場合は毛が入りにくい部位もありますが、1本、2本でも毛先を歯間に入れる ことを意識して丁寧に磨いてみてください。

つまようじ法を行うと・・・

  • 歯ぐきからかなり出血することがありますが、出血は通常1~2週間で止まります。
    (これは、ブラッシングのマッサージ効果で歯ぐきが強くなるからです)
  • 歯周病で腫れていた歯ぐきがひきしまってくるため、歯ぐきが下がってくることがあります。
  • 1日に1回は7~8分ほどかけてていねいに磨くことをおすすめします。

※つまようじ法は歯周病の予防と治療のための磨きかたです。
※つまようじ法を続けていて、万が一症状が悪化したと感じられる場合は歯科医師にご相談ください。歯の間の歯ぐきが強くなります。

つまようじ法を動画で紹介